FAQ

光触媒とは、なんですか?

主成分である酸化チタンが光を受けることによって、菌やウイルスなどを酸化させる活性酸素を放出します。
その活性酸素の効果で菌やウイルスを分解し、水と二酸化炭素などに分解、この効果がコーティングした層が
残っている限り続くのが光触媒です。光は太陽光でも、室内光でも問題ありません。

どの程度の光の強さが必要ですか?

お部屋に差し込む屋外の光、蛍光灯・LED照明の光など、明かりがあれば効果を発揮します。光が強ければ強いほど(明るければ明るいほど)効果が強く発揮されます。ただ、物陰や光がほとんど入らない場所では光触媒の分解除去の効果が出にくくなります。

光触媒は光が当たらない場所では効果を発揮しませんか?

通常の光触媒では、光が当たらない場所では効果を発揮しません。しかし、ケスキンは銀イオンを配合しており、光が全く当たらない場所でも抗菌効果を発揮します。その為、暗所では抗菌効果、光が当たれば光触媒の分解効果を発揮していくサイクルです。

他の消臭剤や、除菌剤とはどう違いますか?

一般的な消臭剤は、ニオイの元を包み込んで消臭します。ただ、ニオイの元を消したわけではないので、ニオイ戻りを起こすこともあります。また、一般の除菌剤は菌を殺すことはできても、その死骸はそこに残ったままです。イメージとしては、害虫に殺虫剤を吹きかけ、害虫が死んでもそこに死骸が残っているようなものです。光触媒は、ニオイの元となる有機物、菌・ウイルスを光のチカラで水と二酸化炭素等に分解し、死骸すら残しません。根本的なキレイを作るのが、この光触媒技術なのです。

安全ですか?

ケスキンの主成分は水と酸化チタンです。水は勿論安全で、酸化チタンも食品の着色料や日焼け止めなどに
使われるものですので、こちらも安全性が認められています。また、急性経口毒性試験、皮膚一次刺激性試験をクリアしていますので、もし口に含んでしまっても、皮膚についても問題はありません。ただ、万が一体調に異変を感じましたら、医療機関へご相談ください。

コーティングした面を子どもが舐めてしまっても大丈夫ですか?

ケスキンは一度コーティングされると簡単には剥がれません。その為、コーティングした面をお子さんが舐めたとしても、表面の酸化チタンが体内に入る可能性は非常に低いです。勿論、ケスキンは安全性の試験をクリアしていますので、万が一体内に入ったとしても安全です。

どれくらい効果が続きますか?

コーティング後、その表面を触ったり擦ったりすることがなければ、コーティング層は剥がれることはほとんどなく、長期間効果は持続します。触ったり擦ったりする場所では、使用頻度にもよりますが、効果持続期間は多少短くなります。あくまで実環境によりますので、効果期間の保証はできかねます。

スプレーした表面を清掃してもコーティングは剥がれませんか?

コーティング層は、布巾で拭いたり、スポンジで軽く擦ったりする程度では、容易にはコーティング層は剥がれません。しかし、金タワシや、やすり状の硬い素材でお掃除をした場合にはコーティング層が剥がれてしまうことがありますので、お掃除の際には、なるべく柔らかいスポンジでお掃除してください。

使えない場所はありますか?

内容成分の酸化チタンが乳白色をしている為、ガラスや鏡にスプレーすると、白く残ってしまいます。また、黒系の製品や、皮革製品へのスプレーは変色の恐れがあるので、必ず目立たない場所でお試しになってから、全体へご使用ください。ただ、黒系製品や皮革製品へのコーティングは、スプレー後に乾燥する前に軽い力で拭き上げることによって、ムラが出づらくなりますので、例えば車の革シートやハンドル、ダッシュボード等はスプレー後に拭き上げを実施することでコーティングすることができます。

使用する前に、事前に清掃をする必要はありますか?

使用する対象の表面が汚れていた場合は、清掃を行い、キレイな状態の対象にスプレーしてください。お風呂場に使用する際に、カビが生えていた場合には、事前にカビを除去した上でご使用ください。

飲食店・病院・公共施設など
ケスキンは様々な場所でもご使用いただけます。

ブランディングの強化にケスキン
日本が誇る光触媒技術の導入により、貴社のブランディングの強化に寄与。
Made in Japan製品による「安心な空間」は、他の施設にはない強みとなります。

お問い合わせはこちら